生体の恒常性
維持機構

生体の恒常性維持機構
 そもそも、病気とは何であろう。病気の原因となるウイルスや細菌が感染したり、
あるいはがん細胞が発生し多少の増殖をしてもそれは病気とは言えない。腸の中
や膣の中では乳酸菌をはじめとした細菌の感染は体にとって好都合なことであり、
また、がんも目に見えない位の大きさであれば、体に不都合は生じないし、診断も
できず、病気として扱われることはない。
 ヒトには、常に体の環境を快適な一定した状態に維持する機構が備わっている。
これは生体の恒常性の維持機構と呼ばれる。たとえば、血圧や血糖値は一定の
範囲内に保たれ、気道の粘膜は一定の粘度の粘液で潤い、胃の中は胃酸により
一定のPHに保たれている。病気とはすなわちそれらの破綻した状態であると言う
ことができる。それぞれの破綻は、例えば高血圧、糖尿病、感冒、胃炎(潰瘍)と
いった病気で表現されることになる。この生体の本質的なシステムともいえるこの
恒常性の維持は、免疫系に内分泌系、精神神経系が一体となり担っている。
また、一度この恒常性が破綻し、病気になった場合であっても、それは同様な機
構によって修復される。つまり、病気を自分自身で治癒に導く力を有している。車
や時計などの機械の場合は、壊れてしまったら、そこに手を加えて修理しなくては
永久に直ることはない。しかし、体は自己の力で治っていく。それゆえ、多くの病
気が医療の力を借りなくても、自然に治る。かぜをひいても、膀胱炎になっても多
くの場合、医者にかからなくとも自然に治ることも多い。また、例えば、腕に傷を
おった場合などは、その自己の治癒力により治る過程を経過を追って目の前でつ
ぶさに観察することが可能である。つまり、健康の維持および病気の自然治癒は
これらの恒常性維持機構が担っている。
 免疫系、内分泌系、精神神経系は解剖学を基礎に作られてきた現代医学の元
では、別々の系統として扱われてきた。以前から、間脳、下垂体、副腎を軸として
これらの3者はお互いに影響し、結びつくことは知られていた。最近の知見による
と、神経細胞が分泌する神経伝達物質、内分泌細胞が分泌するホルモン、免疫
細胞が分泌するサイトカインはお互い共通したペプチド(小さい蛋白質分子)であ
り、その受容体も共通していることが明らかにされた。したがって、一見別々に独
立したこれら3者は、実は別の系統ではなく、生体の恒常性維持機構として1つ
のシステムであるといえる。
 昔から、病は気から、あるいは信頼できる名医に診てもらうとそれだけで病気が
良くなるなどと言われてきた。これらは時に、非科学的な例、あるいはプラシーボ
効果として研究の邪魔者としての扱いを受けてきた。しかし、近年の免疫学の観
点からは、患者さんの精神神経系の変化が免疫系や内分泌系にも変化を生じ、
生体の恒常性の修復、促進につながっていたことを経験的にみていたものである
と理解できる。